シンプルな生活を目指す!

めんどくさがりで雑多な生活を送る主婦が、シンプルライフを目指して試行錯誤するブログです。

MENU

バスタオルの代わりにスイムタオルを使ったら、吸水性&乾きやすさが最高でした!

部屋干しだとバスタオルって乾きにくくて、生乾き臭も気になりますよね…!

 

我が家はバスタオルのふわふわ感にこだわりがなかったため、しばらくは登山用の「パックタオル」を使っていました。薄手で吸水性が良く、便利ではあったのですが…冬の間は拭いている間にどんどんタオルが冷たくなってしまうという問題点が。

関連記事:バスタオルを新調!XLのパックタオルをカットしてみました。 - シンプルな生活を目指す!

 

そこで今度は、水泳用の「スイムタオル」にチャレンジ!途中買い替えつつ1年以上使用しましたが、吸水力が高いうえ、ある嬉しい誤算もあって快適に使えています♪

f:id:fuyu-mari:20161116211631j:image

 

 

スイムタオルってどんなもの?

セームタオルともいうみたいですね。PVAという素材でできた、薄くてつるつるした触り心地のタオルです。スイミング(プール)などの時に髪や体を拭くものらしく、吸水性がバツグンです。ぬれたところに押し当てるとスッと水滴を吸い取るし、ある程度拭き取った後にしぼればまた吸水性が復活します。

 

 

Lサイズをカットして使用

フェイスタオルくらいのサイズが必要かと思い、Lサイズのスイムタオルを購入しました。しかし、水分を吸い取るように押し当てて使うので手のひらサイズに折りたたむことが多く、大きいサイズだと逆に少し不便でした。

 

そこで、これを半分にカットして使用することにしました。スポンジのような生地のため、切ってもほつれたりしないのがありがたいですね。

f:id:fuyu-mari:20161116211634j:image

 

スイムタオルの良かったところは?

スイムタオルは乾燥すると硬くなるので使用前に水でぬらす必要があるため、お風呂場で使用しています。軽くぬらしてぎゅっと絞った後、ポンポンっとタオルを身体にあてるようにして水滴を取るのですが、軽く押し当てただけなのにけっこうちゃんと拭けています。

 

また、嬉しい誤算だったのが、ぬらす水の温度でタオルの温度が変わることでした。夏は冷ための水でぬらしたタオルがひんやりし、冬はお湯でぬらしたタオルが温かくなるので、身体を拭くときにちょっと幸せを感じます♪

 

肝心の生乾き臭も、今のところ発生していません♪洗濯機で洗って部屋干しをしているのですが、「乾きやすい!」ということはないもののバスタオルやフェイスタオルよりかは早く乾き、スポンジのような素材だからか変なにおいも感じません。

 

スイムタオルの不便なところは?

もちろん、使う前には水でぬらさなければならないことですよね。水滴を拭くために水でぬらすってなんか変な感じですし、最初はめんどくさいと思っていました。しかし「良かったところ」にあったように、ぬらすことで季節に合った温度のタオルを使うことが出来るので、夏の暑さや冬の寒さが苦手な人ならめんどくさい以上に使う価値ありです。

 

あとは不便とかではないですが、バスタオルのようなふわふわ感が全くないところは好みがわかれそうです。表面がつるつるしているのでバスタオルのようにこするような拭き方は難しいですし、タオルが肌に当たったときの気持ちよさもないです。柔らかいタオルに包まれる幸せ感がほしい人にはオススメしません。

 

まとめ

・スイムタオルは吸水性バツグン!しぼれば復活もできる!!

・夏は冷たく、冬は温かいタオルで身体が拭ける

・使用前にぬらす必要あり

・バスタオルのようなふわふわ感はない

 

昔からバスタオルの生乾きに悩んでいましたが、スイムタオルなら部屋干しでも乾きやすいし、生乾き臭が発生しにくいのでとっても嬉しいです♪バスタオルよりもはるかに薄くて小さいので、洗濯回数が減るのもありがたい!

バスタオルの洗濯に嫌気がさしている人、冬のタオルの冷たさに困っている人(タオルを家族で使いまわす場合、2番目以降の人はぬれて冷たいですよね?)、スイムタオルはオススメですよ♪

 

 

スポンサーリンク