シンプルな生活を目指す!

めんどくさがりで雑多な生活を送る主婦が、シンプルライフを目指して試行錯誤するブログです。

MENU

無印良品の柄付きスポンジの”柄”を愛用中♪普段使いのスポンジでも使えるから便利ですよね!

「柄付きスポンジがないと水筒が洗えない!でも、頻繁に使うわけじゃないのにキッチンに置きっぱなしはジャマ!!」

 

職場にちょいちょい水筒を持っていくのですが、細長い水筒って、柄付きスポンジを使わないと底の方まできれいに洗えないですよね?

洗い残しがあったらいやだなーと思い、今までいろいろな柄付きスポンジを使っていたのですが、どれも結構サイズが大きくて置き場所に困っていました。

そんな時、無印で発見したなんだか使いやすそうな柄付きスポンジ。

muji.etsukisuponji

「スポンジが取り外しできて良さそう…!」と思って買ってみたのですが、予想以上に私の生活(性格?)に合っていて、今まで柄付きスポンジに感じていたストレスがなくなりました♪

 

 

そもそも我が家に柄付きスポンジが必要な理由は?

ミニボトルなどの細長いものを洗う時、使わないと衛生面がちょっと不安ということもありますが…一番は夫のため(むしろ私のため?)なんですよね。

我が家は夫が食器洗いをすることもあるのですが、手が大きい夫は水筒や麦茶ポットなどに手が入らず、柄付きスポンジがないとすぐにやる気をなくしてしまうんです。

そんなことでやる気が変わってしまうなら!と思い、柄付きスポンジを導入することにしました。

 

今までのスポンジは…

最初の頃はなにも考えず、適当に目についたものを買っていました。

しかし、穴なしタイプはひっかけておけないので不便だったり、かけておくタイプは常にシンク上にぶら下がった状態になるのが邪魔だったりと、ストレスを感じ続けていました。

そんな中、このような置き型のボトルスポンジは、邪魔にならないところに立てて置けるので便利でした。使いたい時に、すぐ手に取れる場所に置いてあるのはいいですよね。 

しかし、私のようなうっかり人間は『置いてあることを忘れて奥のものを取り、ふっとばす』ということが頻発するんですよね…。

無印良品の柄付きスポンジの素敵なところ

これ、そのまま使うと今までのかけておくタイプと同じように少しジャマに感じるんですが…柄だけ外すとこんな感じで引き出しに入れられるんです!細くてスマート♪

muji.edake

 

さらに、しばらく使ってから気づいたんですが、普段使っている食器用スポンジを使っても…

muji.dasukin

わりといい感じに装着できるんです!これ、けっこう感動でした!! 

 

muji.arau

ちゃんと、直径4.4cmの水筒も洗えるんですよ♪

めんどくさがりな私は、普通のスポンジで食器を洗っている時に『わざわざ柄付きスポンジに持ち替えて、泡立て使って、スポンジを水で洗う』という一連の行動にストレスを感じていました。

しかしこの方法なら、食器洗いを始めるときに柄の部分を取り出すことさえ忘れなければ、泡立った食器用スポンジをそのまま使用することができ、スムーズに洗い物ができます。

さらに!カビの多い我が家ではスポンジを約1ヶ月ごとに新しいものにしているのですが、柄付きスポンジを別途買わなくてよくなって家計的にも助かります♪

不便なところはないの?

いったん引き出しに片付けてしまうと、やっぱり出すのがめんどくさいなーと思うことはあります。

また、今回装着しているのはダスキンのスポンジなんですが、使い始めは硬くて装着するのに苦戦することがあります。

以前はパックスナチュロンのスポンジを使っていたのですが、そちらの方が取り付けやすく洗いやすかったです。

まぁ、洗い心地重視の人はきっと、もともと付いていたスポンジをちゃんと買い替えて使うんだろうな…。

まとめ

今回の方法で水筒洗いのハードルがかなり下がったので、私と同じように『めんどくさがりだけど柄付きスポンジを使いたい人』や『柄付きスポンジを置きっぱなしにしたくない人』、『買い替えなければならないものを減らしたい人』がいましたら、ぜひ無印の柄付きスポンジの柄の部分を使ってみてください♪

ただし、普段使いのスポンジが大きかったり硬かったりで装着できなさそうな場合は、逆にストレスになってしまいそうなのでご注意ください。

 

スポンサーリンク